人気ブログランキング |

『CMAS』のCカードを発行できる、広島でただ一つの、ダイバーによって運営されている非営利のダイビング・クラブです…!

by butabutadivers
 
<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 
ランク・アップに取り組んでみませんか…?
『ランク・アップ』って何でしょうか。。。?

まぁ 文字通りなんですが、今現在のダイバーとして認定を受けている『ランク』を、次のランクにステップ・アップするって事なんです。

例えば、『オープン・ウォーター・ダイバー / 1スター・ダイバー』の認定を受けているダイバーさんなら、『アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー / 2スター・ダイバー』に、『アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー / 2スター・ダイバー』の認定を受けているダイバーさんなら『マスター・ダイバー / 3スター・ダイバー』にアップするって事になります。

もちろん『マスター・ダイバー / 3スター・ダイバー』の認定を受けていらっしゃるダイバーさんが、いよいよ『リクレーショナル・ダイバーの枠を飛び出て、コマーシャル・ダイバー』の『インストラクター』に進む事もランク・アップの一つとなります。

それでは、実際にランク・アップするとなりますと、どう言う手順になるのでしょうか・・・?
答えは簡単です!
私達がご用意している各種講習を受講して頂く事になるのですが、その詳細は文字だけではお伝え出来ません。
ですので 本当に申し訳ありませんが、最寄りのスタッフに『○○○の講習ってどんなん?』とお問い合わせ頂きましたら、改めてしっかりと内容をご説明させて頂きますので、是非とも遠慮無くお問い合わせ下さいね(^・^)!

それでは、『ランク・アップ』をすると一体 どんなメリットが有るのでしょうか…?

それは、2つの理由に尽きます。

◎より安全にダイビングを実施出来るようになる。
◎楽しめる環境・範囲が広がる。

どちらもあなたが大好きなダイビングを楽しむのには、良い事ばかりですよね(^。^)?!
しかも、海外のダイブ・サイトでは、ランクに因ってダイビング内容に明確な制限を設けて有る場合も有り、同じ料金を支払いながらも よりドラマチックなポイントに潜れなかったり、浅い深度しか潜れなかったりもします。
そんな残念な事を防ぐ事が出来るのも、『ランク・アップのメリットの一つ』で有りますし、『コマーシャル・ダイバー』の講習ともなりますと、あなたの人生が変わるかも知れませんよね…!

でもね、ちょっとだけお話しておきたい事が有ります。。。

私達が開催させて頂く各種の講習には、他のダイビング・ショップさんと若干の違いが有ります。
それは『出来るようになって頂く』事と、『取り組んで頂く範囲が広い』と言う事です。

とは言うものの、講習の料金は間違い無く安いのですが、いずれにしましても必ず一定のレベルに達して頂くまでは認定させて頂きません。

例えば、『アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー / 2スター・ダイバー』の講習の場合、殆どのダイビング・ショップさんは『2日で終了、長くても3日で終了→認定』になりますが、私達『B・B・D』の場合は『通常 6~7日、長い場合は10日以上』にもなってしまいます。
もちろん、何日 掛かっても追加料金は必要有りませんが(マスター・ダイバー講習は除きます)、そうは言っても『海に出なければいけない。。。』と言う(もしかすると人に因っては面倒臭い…?)手間が必要です(-_-;)。
この事を『う~ん・・・』と受け取られるダイバーさんには『B・B・D』の講習は向きませんし、『お~っ…!』と喜んで頂けるダイバーさんには、私達はお役に立てると思います…!

いずれにしましても、ダイビングは楽しい趣味なのですから無理は禁物。
どうか、ストレスの無い範囲でお考え頂ければと思います(*^_^*)

そうそう、そう言えばダイバーさんなら是非とも受講して頂きたい資格に、『レスキュー・ダイバー』と言う『スペシャリティ・ダイバーの認定』が有ります。
この『レスキュー・ダイバー』と言うランクは、『ダイバーとしてのランク』では無く、『特殊なダイビングに付いてトレーニングを受けたダイバー』と言う『スペシャリティ・ダイバー』と言う位置付けされます。リクレーショナル・ダ
イバーとして、最高ランクの『マスター・ダイバー』の必須資格なんですよ。

何はともあれ、万が一『レスキュー作業』をしなければいけない場面に居合わせた時に、いやそんな事よりも、あなたの大切な人が事故に会われた時に、誰よりも近くに居る あなた自身が行動出来るのは素晴らしい事だと思いませんか・・・? ねっ…?

まぁ、何もかも ご説明してしまいましたので、ゴチャゴチャになってしまいましたが、とどのつまり『今のあなたから、もう一歩 前に踏み出してみませんか?』ってお話です☆

でね、そのランク・アップの講習ですが、ハイ・シーズンに入ってしまう前に受講して頂けると、私達はもちろんの事、何よりもあなた自身にノンビリと取り組んで頂く事が出来ます。

もうしばらくは水が冷たいですが、ご検討→受講頂く良いシーズンかと思います♪

そんな話で、今年の夏は一段と自信を持たれたダイバーのあなたにお会い出来ますように…(^・^)!


☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-04-10 17:31 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS
 
プチ勉強会
4月に入って、一段と春らしさを感じられるようになって来ましたね☆
最近 『夏まで待てない・・・!』ってダイバーさんから、『水温のお問い合わせ』を頂く機会が増えました(*^。^*)♪
現在の水温は12度辺り、ご自分のサイズにきっちり合わせてある『W・S』でないと、まだまだ気楽に潜れる水温ではありません、、、しかし!寒さに強いダイバーさんだと、『G・W明け』には何とか潜れるようになりそうです(^・^)
そろそろ、しまっておいた器材を引っ張り出してチェックをしてみられてはいかがでしょうか?

今年の夏は、あなたにとってどんな夏になるのかなぁ(^^)?!

さて。。。今月の『プチ勉強会』は、『冬眠していた器材‗使用前のメンテ』のお話です!

Q : 昨年のシーズンの終わりとともに、冬眠に入っていたあなたの大切なダイビング器材・・・今シーズンも頑張ってもらう為に、そろそろ チェックをしておきたいところです。そこで、自立しているダイバーとして、どんな部分のチェックをしておけば良いと思いますか…?

A : 器材のチェックは『あなたに出来る部分』と『触っってはいけない部分』とに分かれます。

と言うより、『あなたにして頂きたいチェックは、目視で出来る範囲』とお考え頂ければ間違いありません。
じゃあ、それはどんな部分なのでしょうか・・・?
それでは、これから各器材毎に羅列してみますね!

『マスク』
◎スカートが変形していないか。
◎スカートやストラップに、傷や亀裂が入っていないか。
◎マスクを装着して思い切り鼻から空気を吸ってみて、マスク内部に空気が入って来ないかを確かめる。

『スノーケル』
◎マウスピースやシリコンのパイプ部分に、傷や亀裂が入っていないか。
◎スノーケルの先の空気取り入れ口を押さえておき、普通に使用する時のようにマウスピースをくわえて思い切り吸ってみて、空気が入って来ないかを確かめる。

『フィン』
◎バックルやストラップに、傷や亀裂が入っていないか。

『グローブ / マリン・ブーツ / W・S』
◎縫い糸がほつれていたら、ライターで糸を焼き溶かしておく。
◎布地や貼り接ぎ部分に、傷や亀裂が入っていないか。

『レギュレーター』
◎各ホースを折り曲げながら、ヒビや亀裂が入っていないかを確かめる。
◎1STステージのダストキャップを取り付けたまま2NDステージを吸ってみて、空気が入って来ないかを確かめる。
◎2NDステージのマウスピースに、傷や亀裂が入っていないか。
◎コンソールのコンパスのベゼルがちゃんと回転する事や、ディスクが軽く回転して北を指す事を確認する。

『B・C』
◎縫い糸がほつれていないかどうかをチェック、もしほつれていたらライターで糸を焼き溶かしておく。
◎インフレーター・ホースのB・Cの給気ボタンと、排気ボタンの作動を確認しておく。
◎B・C本体に付いているダンプ・バルブの作動を確認しておく。
◎B・Cに空気をパンパンに入れて1日程度 そのままにしておき、B・C内部の空気が漏れていないかを確かめる。
◎一度、装着してみて、カマー・ベルトの長さを確認・調整しておく。

以上の要領ですが、そんなに驚くほど大袈裟な話ではありません。
だから、少しだけ時間を取って大切な器材を触ってみませんか・・・(*^。^*)?
間違い無く、器材にも、それを使うあなたにも有益な事ですからね☆

尚、以上のチェックをする前に、一度 全ての器材を洗っておかれる事をお勧めします。特にマスクは、歯みがき粉等を使ってガラスの内側をしっかりと洗っておくとベストです♪

さぁてと、これであなたの出来る範囲のチェックは完了しました!
これからは、前述のチェックで不具合が見つかった場合のご説明です。

もし、あなたのチェックで不具合が見つかった場合、『B・B・D』の最寄りのスタッフにその状況をお知らせ下さい。
そうすれば、あなた自身で対応出来るのか、私達にお任せ頂いた方が良いのかをお答えします。

とは言うものの、『何だか不安だから、やってよ…!』って場合は、もちろん私達があなたに代わってきちんとメンテをさせて頂きますので(^^)/心配は全く無用です☆

そんな話ですが、最後に『レギュレーター本体のチェック』に付いてお話します。

レギュレーター本体のチェックは、『計測ゲージ』が無いと全く出来ません。
従いまして、あなた自身でチェックをするのは無理なのですが・・・でも、大丈夫!!分解作業や交換パーツの必要な『オーバーホール』ではありませんから、無料で承らせて頂きます(^・^)♪
遠慮無く、最寄りのスタッフに『これ、チェックしといてちょんまげ…!』とお渡し下さい♪♪
そうすれば、1週間程でチェックしてお返ししますよ。

そんな話ですが、青い空と蒼い海に囲まれての楽しいダイビング、最高の笑顔で海から戻られるようにする為に、少しばかりの頑張りが必要かもしれませんね…?!

なぁ~んてねっ…!

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-04-10 17:09 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS
 
4月 ダイブ・スケジュール
◎内海ファン・ダイブ  4日・11日・18日・25日・29日

◎内海ファン・ダイブ (OP)  3日・10日・17日・24日・30日

☆G・W ダイブ・スケジュール☆

◎内海ファン・ダイブ   2日・3日・4日・5日

◎内海ファン・ダイブ (OP) 1日

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-04-10 16:56 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク