人気ブログランキング |

『CMAS』のCカードを発行できる、広島でただ一つの、ダイバーによって運営されている非営利のダイビング・クラブです…!

by butabutadivers
 
<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
 
ごめんなさいでした・・・m(__)m!
4月末に発行予定の『ブログのBUTA BUTA ニュース』、なんと掲載が抜けてしまいました…!
4月末前は『G・W休み』の前でバタバタしていて、『G・W中』は海でバタバタ、G・Wが終わったら休み明けでバタバタ、その内に毎日の仕事に追われて全く頭から抜けていました…。

『はぁ? そんなん、待っとる訳じゃあ無いよ。』と言われると終わりなんですが、何はともあれ、落稿して本当にごめんなさいでしたm(__)m!!

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-05-31 23:28 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS
 
う~ん、中々ねぇ。。。
『B・B・D』のメンバーさんもそうだったように、世界中の全てのダイバーさんが避けては通れなかった『ダイバーになる為の講習』。世界の話はともかく、日本と言うか私達の周りでは中々、スッキリとはいかないようですねぇ…。

何の話かって事になりますが、『講習生さんがお金を支払って受ける講習の適正度』に付いてなんです。

『ダイビングがしたいっ・・・!』
と思い立ったあなた、まず最初に『一体 何処に行けば良いのかなぁ?』と『お店探し』と言う壁に行き当たりますよね(--)
でもまぁ、今時の話ですからインターネットが有りますし、既にダイビングを楽しんでいるお友達がいらっしゃる場合は行き付けのお店を紹介してもらえたりと。それほど困る事も無く情報をゲット出来ますよね。
でもねぇ、お友達に紹介して頂ける場合でも有り得る話ですが、特にネット等で見付けたお店の場合、『このお店にしてもOKなのかな・・・?』って不安になる方、少なくないと思います。

その不安って言うのは、、、。

『料金は安いの?』って事が一番に考えてしまう事でしょうが、本当なら『支払う金額に見合う内容なのか?』って事になるべきなんでしょうかな。
その次には、『必要な事柄は ちゃんと教えてもらえるの?』って事でしょうか。 (えっ、そんなん有りかって? それは後程・・・。)

それ以外にも『追加や別途の費用は?』とか、『買わなきゃいけない物は有るの?』とか、どうしても『お金』に関わる部分は気になる所だと思います。

さて、ちょっとここで考えてみて下さい☆

ダイバーになる講習(だけでは有りませんが、特に。。。)を受けようと考えている人って、実は『自分が支払う金額に見合った内容の講習を受けられるのか?』って事を把握出来ずにお店を決めていらっしゃるって事、気が付かれましたか・・・?

『いやいや、そんな事は無いよ、ちゃんと説明を聞いたし。』とか、『何だか楽しそうに話してくれたし。』と仰有るのは良く分かりますが、実は、本当に正しい情報では無い事柄で判断してしまっているって事って無いのでしょうか、、、?

驚かれるかも知れませんが、ダイビングの講習を販売している会社(指導団体)は、世界中に無数とも言って良い程 存在しているのですが、その会社(指導団体)毎に講習内容に違いが有るんですよ(@_@;)
しかもね、同じ会社(指導団体)に所属していても、その会社(指導団体)が組み立てている内容を厳守して講習を実施しているかと言えば、実はそうでも無いのです。

だから、先程『ダイバーになるのに、いや自立したダイバーになる為に必要な事柄を教えてもらえるのか?』って不安を書いたのですが、実はこの『不安』は、まさか教えてもらえる内容に違いが有るなんて思いもしない、これから講習を受けようとされる人には『想像外の不安』とも言える話なのだと思います。

まぁ、世の中 何でも同じ事で、これから食べるラーメンが美味しいのか、量はタップリなのか、スープはちゃんと熱いのか、とにかく食べてみないと分からないって話みたいな物なんでしょうが、でも もし『自動車学校』だとすると。

・支払う教習料金は安いのか?
・追加補講の教習料金や何か別途の費用は?
・それより何より、ちゃんと必要な運転方法や法規・学科を教えてもらえるのか?

こんな事が何一つ 分からない状況で教習所を決めるなんて、ある意味無茶苦茶ですよねぇ。

だけど、ダイビングの講習は今 言った状況そのものだと思います。
ましてや、『講習料金は○○円だけど、うまく出来なかったらあなたの安全の為に追加実習を受けて頂く事になります☆』なんて もっともらしい台詞で、『最初は安い講習料金を提示しているけど、良く分からない評価で駄目出しが続き、終わってみたら・・・(;一_一)』なんて話はよく有る話ですし、『周りを見てみたら、どの講習生さんも同じような回数の追加実習を受けている』なんて、怪しい話のお店も実在していたりして。。。(--;)

じゃあ、一体 どうしたら本当にきちんとしたお店を選ぶ事が出来るのでしょうか?

答えは、不可能かと。。。(+_+)

つまり、全く右も左も分からない人に、ダイビングの講習内容を評価して判断するなんて、そりゃあ無理で当然なのです。
でも、せめて なるだけ沢山のお店(もちろん、私達『B・B・D』も…!)の話を聞かれるのは少なからず有効な手段だと思いますが、何よりも大切なのは『あなた自身が一生懸命に考える』って事です。 (そうなんです、もう この時点からオウン・リスクが始まっているんです…!)

それと、とにかくダイビング業界のレベルが向上し、質と内容にムラの無い講習がクロス・オーバーされるしか無いのでしょうね、、、うん…。

でね、『講習のムラ』って、なんでそんな事が有り得てしまうのでしょうか?

『そりゃあ、手間を減らして儲けたいから。』って言われたらおしまいですが、でもね、ダイビングを始めてから頑張ってインストラクターになり、しかもお店を持つところまでいくのですから、誰がどう考えてもダイビングが大好きって人たちですよね…?

と、なりますと、『より安全なダイビングが出来るように!』と、一生懸命 あれもこれも教えてあげたいと考えるのは当たり前の話です。

それなのに、極端な話 手抜きとも言われかねない講習を開催してしまうのは何故なんでしょうか・・・?

それはね、『利益』だけが理由じゃあ無いんです。

ちょっと想像してみて下さい。

あなたが『B・B・D』で講習を受けられたとして、それが面倒臭かったり厳しかったりしたとします。
そう思ってるあなたに、あなたのお友達が聞いてきます。

『ねぇねぇ、ブタブタの講習ってどうじゃったん・・・?』

あなたは・・・。

『あのねぇ、何だか やたらと大変だったんよぉ(+_+;)』って本音をこぼす訳ですが、それを聞いたお友達は『ふぅ~ん、そうかぁ、じゃあ他のお店にしよっかな? ○○○は何だか簡単そうな話だったし♪』となりますよね?

こうなると、『B・B・D』としては、なるだけ講習生さんに迎合した講習内容にしたくなるってもんです。
つまりね、本来 必要なはずの講習内容が省かれていくのは、講習生さん側の希望にもなっているのです。

幸い、私達は私達が信じる内容の講習を開催出来ていますが、それは『安全の為には厳しい内容が有っても仕方無いし、第一 お金を支払っているんだから必要な事はきちんと教えて欲しい!』と理解・納得・主張される講習生さんに出会えているからなんです。

そうなんです、私達が偉そうな事を言い続けて居られるのも、しっかりとした考えをお持ちの講習生さんのお陰なのです(^◇^)

いずれにしましても、ダイビングの講習を提供するお店と、それを受講される講習生さんとは、お互いが水と魚かも知れません、、、

閑話休題。。。

コーヒー牛乳を片手にこの原稿を書いていますので、少々 ほろ酔い気分(本当は心が燃えている…)のため、少なからず文脈に乱れが有るようですが、この項は『これから各種のダイビングの講習を受けようとお考えの方』に読んで頂きたいと考えています・・・。

ウィ~、ヒック…、課長の馬鹿野郎…! (@_@)

今回は『料金と実習内容』を中心に愚痴りましたが、『安全対策やダイバーとしてのマナー』などもお店に因れば少なからず違いが有る事も知っておいて頂ければと思います。

もちろん、私達だけが正しいなんてこれっぽっちも考えていませんが、とは言うものの、不適切な講習を開催しているお店が存在しているのは間違い無い事です。

どうか、せっかく頑張ろうとする仲間の情熱が無になりませんように・・・!

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-05-31 23:27 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS
 
☆プチ勉強会☆
いま、私達『B・B・D』が使っている海域は『絵の島』。『掲示板』の『内海ダイビング日記』で御知らせさせて頂いている通り、大きな岩塊が積み重なり、聳え立つ、立体感タップリのポイントがあります・・・(^◇^)!
ただし少しばかり深いので、どうしても浮上の際には特別な手順を踏んで上がる事になりますが、今回の『プチ勉強会』は その特別な浮上手順に付いての問題です(^v^)

Q : -20Mを越える『大深度潜水 / ディープ・ダイブ』に於ける浮上手順は、単に推奨される浮上速度で浮上すれば良いと言う訳ではありません。
それでは、『大深度潜水』の際に強く推奨される浮上手順は・・・?

A :『安全停止』と『ディープ・ストップ』の2段階の浮上停止を実施して浮上する。

…って事になりますが、『安全停止』は簡単ですよね。。。?
『-5Mの深度まで戻ったら一旦 浮上を中断して、そのまま3分間の停止をする』って事で、何も『-20M』を超えたダイブでなくても推奨されている手順です。

じゃあ、もう1つの『ディープ・ストップ』とは何でしょうか?
これは『最大深度の半分まで浮上したところで浮上を一旦 中断して、2分30秒の停止をする』って手順なんです。
例えば『-30Mまで降りたので有れば、-15Mに戻ったところで浮上を一旦 中断して、2分30秒程 留まってから改めて浮上を再開する』って事になります。

この『ディープ・ストップ』が、『より安全な減圧手順』として有効な理由は割愛させて頂きますが、この最新の減圧理論を組み込んだ『ダイブ・コンピュータ』が『マレス社』から発売されていて、既に数名のメンバーさんに御購入頂いています。

いずれにしましても、CMASの推奨する『9m/分』と言う非常に緩やかな浮上速度を厳守し、尚且つ『安全停止』を実施するのは当然の事ですが、これからは『ディープ・ストップ』もあなたの浮上手順に組み込む事を忘れないで下さいね・・・(*^。^*)!

最善の浮上手順はあなたを減圧傷害から遠ざけてくれる事は間違い無い事ですし、何も特別な器材やスキル、ましてや費用が必要な訳では有りません。
あなたの『より安全なダイビングへの思い』だけで簡単に実施出来るのですから、是非 確実に実施して下さい(^-^)♪
ただし、2分30秒だけとは言うものの、深い所に留まってしまうのですから、、、残圧管理は徹底して下さいね・・・!

それにね、安全、尚且つ適切な浮上を実現する為には『適正のウエイト量』が必要な事を忘れないで下さい。

えっ、どうしてかって…?

じゃあ、次回 海で御会いした時にじっくりと御説明しましょうね☆

一度、潜水を始めたダイバーが絶対に避けては通れない『浮上』、しっかりとしたスキルと知識で安全に通り抜けられるダイバーは・・・

グッグッグッググゥ !!!
ヽ(^o^)丿

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-05-31 23:04 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS
 
6月スケジュール
 ◎内海ファン・ダイブ 6日・13日・20日・27日

 ◎内海ファン・ダイブ (OP) 5日・12日・19日・26日

☆掲示板にも遊びに来てください~☆⇒http://bbs.avi.jp/367049/
by butabutadivers | 2010-05-31 22:55 | ☆毎月更新☆ BUTA BUTA NEWS


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク